一定期間更新がないため広告を表示しています

まだ火の使い方すら知らなかった頃の人間たちにとって、夜ほど怖いものはありませんでした。なぜ夜が来るのか、夜とは一体何なのか、何も知らない人間たちは、闇に向かって石を投げたり、先の尖った木の棒を振りかざして、夜を追い払おうとしました。夜から逃げるために太陽の沈む方角へ向って旅立つ者もたくさんいたといいます。しかし、何をやってもだめでした。それで人間は悟りました、夜はなくならないということを。

その頃、洞窟にとても怖がりな男が住んでいました。男の怖がりっぷりといったら、それはもう異常なくらいで、とにかく何でもかんでも怖がるのでした。男は木の洞を怖れ、雲の影を怖れ、水たまりの光の反射を怖れました。自分のおじいちゃんとおばあちゃんの顔を怖れ、眼球を下に向けると視界の隅にわずかにうつる自分の鼻の先端すらも怖れました。魚の鱗や、鳥のくちばしもよく考えてみると怖いし、なんかわかんないけどバナナの形も怖い、と思っていました。

夏のある日、男は、恐怖のあまりついに洞窟を飛び出して行ってしまいました。自分の脇の下から信じられないくらい怖い匂いが漂ってくることに気付いたからでした。その怖い匂いから逃げるために、男は洞窟に家族を残し、あてもなく野を山を無我夢中で走り続けました。しかし遠くへ逃げれば逃げるほど、走れば走るほど、脇の下の匂いはますます怖くなって追いかけてくるのでした。そしてやがて夜になりました。

それは月や星のない、いつにも増して暗く、風もないじめっとした不気味な夜でした。考えてみれば、男がひとりで夜をむかえたのは、生まれてはじめてのことでした。いつも怖くて怖くてしょうがなかったけれど、それでも毎日どうにか夜をやり過ごしてこれたのは、お父さんやお母さん、妹や弟がいつもそばにいてくれたからなのです。それに気が付いて、男は絶望してしまいました。自分ひとりだけで夜を乗り越えることなんて絶対無理だ、と。

恐怖は加速度的に増していきました。手の平をかざしてみてもその輪郭さえ見えない、自分が眼を開いてるのか閉じてるのかすら分からないほど濃厚な、完全な闇にすっぽりと包まれて、男はパニックになりかけました。くらい、くらい、こわい。心臓がばくばくいって、汗が吹き出て、脇臭が強烈に香りました。くらい! こわい!くさい!男は極限まで追い詰められました。もうだめだ。頭が狂ってしまう。男の悲鳴が闇にこだましました。

人類初の歌は、その夜、生まれました。その偉大な発明は、極限状態に置かれた男の、防衛本能によってもたらされました。

恐怖に囚われた男は、息つく間なく絶え間なく悲鳴を上げ続けました。およそ人が発声し得る限りのあらゆる種類の、全パターンの悲鳴や弱音や嘆き、嗚咽などすべて、それは全部で15,010通りあると言われていますが、それらをすべて試したのち、15,011回目に男の口からそれは生まれました。悲鳴でもなく、呻きでもなく、祈りでもない、誰も聞いたことがなかったまったく新しい何か。それこそが、のちに歌と呼ばれることになるもののワンフレーズだったのです。

15,011回目のとき、ほんの少しだけ恐怖が和らいだことに、男は気付きました。それから色々試すうちに、どうやら、ある特定の音の連なりが、気持ちを上向きに変化させることが分かってきました。男は、自分の口から発せられた音のうち、恐怖を無くす効果があると思われるものだけを採集し、それらを組み合わせて、そしてついに一曲の歌を完成させました。(余談ですが、偶然にもその歌は、大塚愛の「さくらんぼ」と全く同じ歌だったそうです。)

闇のなかで男は、何度も何度も完成したその歌を歌いました。不思議なことに歌っている間だけは、怖い気持ちがなくなって、なんだかワクワクするような楽しい気分になってくるのでした。夜はいまや男にとってよく見知った友達のようになっていたし、あんなに怖かった脇の下の匂いも、なんだか面白い匂いに感じられました。鼻先を脇の下に突っ込んではゲラゲラと笑いました。なにこの匂いー!ウケるー!

そしてやがて朝がきました。男は洞窟に帰って、みんなに歌を教えました。歌はまたたく間に地球全土に広まりました。その後、新しい歌が次々に生まれてそして月日は矢のように過ぎて、1995年8月8日、ついに鈴木蘭々の「泣かないぞェ」が発売されたのでした。
すっかり春になったなあと私たちはあたり前のように思っていますが、それは四季の区別が前提にあるからです。

ハル、ナツ、アキ、フユと季節を四つに分けて認識する方法が発明される前は、人間は、季節を十個に分けて認識していました。ハル、ナツ、アキ、フユの他に、イホ、ツヌ、ヘシ、ポポ、イポポ、などがその頃はあったといいます。

それより前の時代には、さらにたくさんの季節がありました。二十個だった時もあったし、四十個だった時もありました。その頃は、上に挙げた季節のほかに、ミソ、シル、イカ、イヌ、ジェル、ジェロ、ゲボなど、様々な季節があったそうです。

しかし、それよりさらにずっとずっと昔は、時間を区切って個々別々に認識するという発想すらなかったので、季節はひとつでした。人間はそのたったひとつの季節を、カミと呼んでいました。

そしてさらにさらに昔になると、”区切る”という概念すらまだなかったので、季節に区別がないどころか、自分と他人との区別もなかったし、犬と自分との区別もなかったし、木も花も虫も空も全部がひとつで、全部が自分でした。
だからこそ人は、全てをいたわることができたし、全てに感謝することができたのです。
そして、その全てであり、たったひとつのそれを、人は”Love”と呼んだのでした。

そのように考えていくと、愛を取り戻す為にまず僕たちがしなければならないことは、犬との完全なる一体感を得ることなのかもしれません。
サントリーウィスキーのコマーシャルとかに出てる、小雪っていう綺麗な女優さんいるじゃないですか。もしあの小雪って人が10メートルくらいの大きさだったら怖いなーって、思いました。
「ごはんですよ」 と全く同じものが、宇宙にはたくさん漂っています。
もちろん、「ごはんですよ」 という名称ではありませんが、それと全く同じものです。
太陽系以外の多くの銀河においてそれは確認されており、宇宙全域にわたって広く分布する漂流物であると考えられています。

黒いどろりとしたその漂流物は、しばしば宇宙開発や宇宙航行の障害になるため、先進的な多くの星では、スペースデブリ(宇宙ゴミ)問題としてこれを捉え、現在さまざまな除去策が検討されているところです。また発展途上の星においては、それを凶兆として捉えており、上空にその影が多く見られる年は、干ばつや洪水に見舞われるという言い伝えが信じられています。

わたしたちの太陽系においては、有史以来、観測事例がまだありません。そのためか、その黒い漂流物に対する地球人の意識はたいへん低く、科学者や政治家のなかでもごくわずかな層にしか認知されていないというのが現状です。

ただ、地球においては、それと全く同じものがごはんの上にものっており、そちらについては私たちはとてもよく知っています。そうです、それが 「ごはんですよ」 です。

疑り深い人にこの話をすると、じゃあ 「ごはんですよ」 というのは、宇宙で採れた黒いものを瓶詰めにした商品なのではないか、と勘繰るわけですが、それは違います。 「ごはんですよ」 は確かに宇宙のそれと全く同じものですが、それは ”たまたま” 同じだっただけなのです。

ですから 「ごはんですよ」 というこの奇妙なネーミングの裏には、「これは、ごはんですよ。宇宙に漂う黒いものではないですよ。あくまでも、これは、ごはんですよ。」という主張が込められているのだと、わたしは考えています。

人間がポストをつくったという説と、ポストが人間をつくったという説とがあるが、正しいのはどっちなのか、それを知っているのは自動販売機だけである、という説がある。
富士そばの歴史をたどると、その起源は宇宙誕生の瞬間にまで遡ると言われています。
それより前の歴史のことは誰も知らないので、宇宙が誕生するよりもっと前から富士そばはあったという説と、ビックバンの衝撃で富士そばの一号店ができたという説とに、意見は分かれます。

僕としては、もともと富士そばだけがあって、それを際立たせるための脇役として、あとから宇宙が生まれたと考える方が自然だと思ってます。

仕事が忙しいときなんかは昼食を富士そばで済ますということがありますが、ですからわたしたちは、忙しいから富士そばで済ませているのではなく、富士そばに済まされるために忙しくさせられているのではないでしょうか。
人間と人間との間にいるのが、間人です。ゲンニンと読みます。

ゲンニンは、人間と人間の間にしか存在しないので、例えば三人の人間の間には二人のゲンニンが、百人の人間の間には九十九人のゲンニンがいるはずです。

ところが、場合によっては、三人の人間の間に三人のゲンニンが、百人の人間の間に百人のゲンニンがいるケースがあるということを、私は発見してしまったのです。
図解してみましょう。

▼ 通常、三人の人間の間には、






▼ 二人のゲンニンがいます。






▼ ところがこのような場合、






▼ ゲンニンが一人増えて、三人に!






さらに、ゲンニンとゲンニンの間にいる、間ゲンニン(アイダゲンニンと読む)についても、同様のことが言えそうなのです。

▼ 三人の間人の間には、






▼ アイダゲンニンがなんと三人!

昔々、人類がまだ塩だった頃、人類にとってもっとも脅威だったのは、シオナメでした。シオナメは塩を好んで舐めたがる夜行性の動物で、夜になると山から里へ降りてきて、里の人間たちを片っ端から舐めまわしたものでした。

その頃の人間達はまだ塩だったので、文字通り手も足も出すことができず、なすすべなくただ一方的に舐められるしかありませんでした。「ちくしょう、シオナメめ、今に見てろよ」と言うことすら塩なのでできなかったし思うことすらありませんでした。なぜなら彼らはその頃まだ塩だったからです。

そのようにシオナメに脅かされつつ生きてきた歴史があって、その後明治維新を経てようやく人類は、今の人間の姿になったと言われています。一方シオナメは、長い時間をかけて少しずつアリクイになっていきました。

今日、動物園の檻や柵の中にはアリクイが閉じ込めてることがしばしばありますが、それは、人類の歴史そのものであるシオナメに対する「復讐劇」が、ひとまずここに完結したことを示す象徴的な状況だといえます。人間は、シオナメを克服し超越したのです。

しかし物語りはまだ終わったわけではありません。アリクイになったシオナメは、近い未来シルスイに変貌し、一方で、人類補管計画を経て汁になってしまった人間達を、吸い尽くすことになるのですから。
2メートルの貴婦人と、2メートルの白蛇が活躍する映画 『2メーターズ』 の監督に抜擢される、という夢を見ました。



29羽

(累計:759羽)