一定期間更新がないため広告を表示しています

彼女は駅前のドトールで働いている。その彼女をひと目見た瞬間に僕は恋に落ちた。本気で彼女を好きになってしまったのだ。

どうすればその想いを彼女に伝えられるだろうか。と、僕は考えた。僕がどれほど彼女のことを好きでいるのか、それを彼女に知ってもらうためにはどうすれば良いのだろうかと。

考えた挙句、僕はドトールの前の通りを自転車でうろうろすることにした。そうすればきっと彼女も僕の気持ちに気付いてくれるはずだと思った。僕は毎日のように自転車で出かけていっては、ドトールの前をうろうろした。

でも、どれだけうろうろしても、彼女に想いを伝えられたような気がしなかった。なぜなんだろう。なにが足りないんだろう。と、僕は考えた。もしかしたら、スピードが足りないのかもしれない。

僕はそのように考えて、うろうろするのはやめて、今度はすごいスピードでドドールの前を通過してみた。シャーー!!

それはもう、ものすごいスピードだった。きっと、見えないくらい速かったんじゃないかな。僕は何べんも何べんも、そうやってドトールの前を自転車でものすごい速さで通過した。

でも、ダメだった。僕の気持ちは彼女に伝わらなかった。自転車では、だめだったのだ。

そこで僕は、自分のへそと全く同じ形のペンダントを作って、彼女にあげることにしたのだ。
関連する記事
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL