一定期間更新がないため広告を表示しています

YMOっていうと、どうしても細野晴臣と坂本龍一が取りざたされるばっかりで、高橋幸宏はなめられがちだと思うんだけど、それってよく考えてみたらしようがないことで、坂本龍一は15回、細野晴臣にいたっては既に20回も生まれ変わってて、転生の度に魂のレベルが上がってるわけだから、そりゃあ高いとこにいて当然というか。一方高橋幸宏はどうかというと、まだ2回しか生まれ変わってない。それってすごくないですか?たった2回の輪廻で20回の細野と15回の教授と同じステージに立ってるんですよ?輪廻1回につきどんだけ成長してるんだっていう。伸び率がハンパない。 この勢いでいくと来世で細野越えて、来来世には仏陀越えちゃうんじゃないかな。幸宏すげー。


結局、YMOっていう存在は、高橋幸宏がネクストレベルに達するために宇宙が用意した装置に過ぎなかった、それが僕の見解ですね。
関連する記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL