一定期間更新がないため広告を表示しています

すごいことに気付いた。気付いてしまった。
ふつう、手を洗うときは、手と手をこすり合わせて洗いますよね。肌と肌をこすり合わせることによって汚れが落ちるというシステムになってる。でもそれなら、なにも手と手じゃなくても、手と顔でもいいわけです。手と顔でも、そのシステムは働くからです。手と顔をこすり合わせるということは、手の肌と顔の肌をこすりあわせるということだから、その方法でやれば手の汚れは落ちるのです。

つまり、顔を洗えば済む!
トラックバック
この記事のトラックバックURL