一定期間更新がないため広告を表示しています

「ごはんですよ」 と全く同じものが、宇宙にはたくさん漂っています。
もちろん、「ごはんですよ」 という名称ではありませんが、それと全く同じものです。
太陽系以外の多くの銀河においてそれは確認されており、宇宙全域にわたって広く分布する漂流物であると考えられています。

黒いどろりとしたその漂流物は、しばしば宇宙開発や宇宙航行の障害になるため、先進的な多くの星では、スペースデブリ(宇宙ゴミ)問題としてこれを捉え、現在さまざまな除去策が検討されているところです。また発展途上の星においては、それを凶兆として捉えており、上空にその影が多く見られる年は、干ばつや洪水に見舞われるという言い伝えが信じられています。

わたしたちの太陽系においては、有史以来、観測事例がまだありません。そのためか、その黒い漂流物に対する地球人の意識はたいへん低く、科学者や政治家のなかでもごくわずかな層にしか認知されていないというのが現状です。

ただ、地球においては、それと全く同じものがごはんの上にものっており、そちらについては私たちはとてもよく知っています。そうです、それが 「ごはんですよ」 です。

疑り深い人にこの話をすると、じゃあ 「ごはんですよ」 というのは、宇宙で採れた黒いものを瓶詰めにした商品なのではないか、と勘繰るわけですが、それは違います。 「ごはんですよ」 は確かに宇宙のそれと全く同じものですが、それは ”たまたま” 同じだっただけなのです。

ですから 「ごはんですよ」 というこの奇妙なネーミングの裏には、「これは、ごはんですよ。宇宙に漂う黒いものではないですよ。あくまでも、これは、ごはんですよ。」という主張が込められているのだと、わたしは考えています。
関連する記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL