一定期間更新がないため広告を表示しています

人間と人間との間にいるのが、間人です。ゲンニンと読みます。

ゲンニンは、人間と人間の間にしか存在しないので、例えば三人の人間の間には二人のゲンニンが、百人の人間の間には九十九人のゲンニンがいるはずです。

ところが、場合によっては、三人の人間の間に三人のゲンニンが、百人の人間の間に百人のゲンニンがいるケースがあるということを、私は発見してしまったのです。
図解してみましょう。

▼ 通常、三人の人間の間には、






▼ 二人のゲンニンがいます。






▼ ところがこのような場合、






▼ ゲンニンが一人増えて、三人に!






さらに、ゲンニンとゲンニンの間にいる、間ゲンニン(アイダゲンニンと読む)についても、同様のことが言えそうなのです。

▼ 三人の間人の間には、






▼ アイダゲンニンがなんと三人!

関連する記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL