一定期間更新がないため広告を表示しています

真面目だけがとりえの魚がいた。川魚だった。
その魚はとても真面目だったので、不真面目なことはしなかった。
盗み、覗き、セクシャルハラスメント、ネットストーキング、は勿論のこと、
逆流すらしなかった。当然、国家転覆計画を企てることもしなかった。
ただ黙って、汚れた水のなかを真面目に泳ぎ続けた。
そして死んだ。そして地獄に落ちた。

あんなに真面目に生きたのだから、天国へ行けるものと思っていたが
神様は魚を地獄に落とした。なぜだろう。
実はその魚、水の中で糞をしていたのだ。
何度も何度も繰り返し糞を水の中でしたのだ。
神様はそれを許さなかった。だから魚を地獄に落とした。
神様は魚よりも、真面目だった。

そうして地獄に落ちた魚は、真面目に刑罰を受けた。
針の山を登り、灼熱の炎に焼かれた。真面目に焼かれた。
その真面目さに心を打たれた鬼が、地獄から脱出する抜け穴を教えてくれた。
真面目な魚は、そこから逃げることを拒んだが、
鬼は魚を穴に放り込んだ。

魚は人間に生まれ変わった。
人間に生まれ変わった魚は、前よりもっと真面目になった。
酒も、煙草も、パチスロもしなかったし、嘘もつかなかった。
水の中で糞もしなかったし、パンツも毎日洗ったし、
トルストイも読んだし、簿記2級もとったし、腹筋も鍛えた。
慎ましく暮らし、誰よりも真面目に生きた。そして死んだ。
それなのに、また地獄に落ちた。

実は一度だけ、お昼に「いいとも」を観たからだった。
関連する記事
コメント
「お友達紹介」の時、
テレビの前で「ええーっ」って言えば
天国だったのか、魚。

グチョグチョライフがまだグチョグチョライフだけだった頃から尊敬しています。
見る度に刺激され、影響されています。

ブ ロ グになっても楽しみにし続けます。
そんなに前から!うれしいです。ありがとうございます。
適当なことしか書いてませんが、これからもどうぞよろしくお願いします。
  • by nishibe
  • 2008/05/11 4:30 AM
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL