一定期間更新がないため広告を表示しています

■ 蕎麦屋が魔人を飼う時代がやってきました。
(http://nishibeblog.jugem.jp/?eid=7) について

メール こんにちは。ブログを見ました。蕎麦を大量に食べた人が、人間を溶かす草を食べて、溶けてしまったので、服を着ている蕎麦の塊が残されました。という落語があるのだよということを、詩人の安藤元雄さんが、現代詩手帖5月号の座談会で話していました(31ページ)。そして安藤さんはその後に「食われた蕎麦が積み重なっていたら、当然そこには蝿やなんかがわんさとたかっている」と言っていました。その次に、小笠原(私)は、牛の首についての話をしました。

■ 「実は一度だけ、お昼に「いいとも」を観たからだった。」(http://nishibeblog.jugem.jp/?eid=12)について

メール  「いいとも」に、私に似た人が出たことがあるという話を、数年前に聞いたような記憶があります。それは水曜日だったでしょうか、爆笑問題が出ていた日でしたが、私は爆笑問題には似ていません。爆笑問題ではない(タモリさんでもない)人が、私にとても似ていたそうですが、私ではないですし、私はその画面を見ていないですし、本当にそういう話を私が聞いたのかどうかもあまり正確に覚えていないのかもしれません。

■ アブストラクトアブストラクト(http://nishibeblog.jugem.jp/?eid=16)について

メール  それから、私は今、瀬戸内寂聴さんの本を読んでいるので、瀬戸内寂聴瀬戸内寂聴というのを考えました。



(以上、小笠原鳥類さんから頂いたメールより抜粋)

小笠原さんがくれるメールには、いつもなにかとても大事なことが書いてあるような気がします。瀬戸内寂聴瀬戸内寂聴。最高ですね。SEGAは絶対開発を検討すべき。

1